アトピーの保湿ケア

アトピーの肌には保湿が大事と言いますが、その保湿の方法には大きく分けて2種類があります。まず、肌の表面を保護して異物の侵入や水分の蒸発を防ぐ保湿剤があります。アトピー症状が出てくると肌が痒くなりかきむしってしまいます。

かきむしることで角質層にダメージができ、さらに肌のバリア機能が低下して炎症や乾燥がより起きやすい状況になってしまい悪循環を繰り返してしまいます。そこで、肌の表面をしっかりと保護する保湿をすることでアトピーの症状を緩和することができます。このような時に効果的なのがワセリンであり、水分の蒸発や異物の侵入を防ぐと同時に肌表面のコーティングで保湿効果もあります。

次に、アトピーになると肌が乾燥して水分量が減少します。そこで、肌に水分を与えたり、水分を保持するための保湿をするものとしてヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧水を塗布するという方法があります。この時に、肌の状態に応じて保湿材の種類や成分も変わってきます。自己判断が難しい場合には医師に状態を見せて適切な保湿剤を指導してもらう方が効果的です。そして、化粧品に頼るだけでなく生活習慣の改善も重要です。食事の内容を見直したり、生活を規則正しいものにすることで肌のターンオーバー周期が正常になり肌の状態を整えるのに役立ちます。

1 2 3