アトピー性皮膚炎とは

花粉症のようなアレルギーが増えたことでアトピー性皮膚炎で悩んでいる子供や大人は多くいます。アトピー性皮膚炎というのは皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られるために、アレルギー体質の人がよく疾患で悩むことになります。主な症状として、湿疹とかゆみがあり症状が良くなったり再発したりすることを繰り返す慢性的な疾患であることが特徴です。一般的に乳幼児で2ヶ月以上、それ以外の人たちは6ヶ月以上症状が続くと慢性であると判断がされます。

湿疹にも種類が複数あり、赤みがありカサカサする場合もありますが、ジュクジュクとした水っぽい状態になる場合もあります。おでこや目元、口周り、耳周り、首、わき、肘と膝の裏は症状が出やすいです。そして、左右対称に症状が現れることが多いのも特徴です。

アトピーが見られたら今まではステロイド剤を用いるのが一般的でした。ステロイドというのは副腎皮質ホルモンのことで、副腎で作られているものです。副腎にあるグルコルチコイドというホルモンが強い抗炎症作用と免疫抑制作用があるために、グルココルチコイドを人工的に合成して効果をさらに強くしたものを分子を小さくして皮膚から浸透して即効性が出やすいようにして作られたのがステロイド剤です。人体に影響がないと言われているものの長期にわたっての使用は危険であるという考えから最近は使用を控える人が増えています。そこで、ここではステロイド剤を用いないアトピー治療の方法として、保湿の必要性について紹介をしていきます。