アトピーの原因

アトピー性皮膚炎の肌は、角質層に問題があり。水分保持力が低く乾燥しやすくなっていたり、肌のバリア機能が低下しているために異物や刺激に弱く炎症を起こしやすい状態になっています。角質層にはセラミドという角質層の細胞間の脂質の主成分が健康な皮膚よりも少なくなる傾向があります。肌の水分保持力やバリア機能というのはセラミドを主成分とする脂質が80パーセントを占めているため、セラミド不足が起きると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

このように、バリア機能が低下した肌になると、肌の内部へと簡単に細菌が侵入できるようになり体内の免疫細胞と体内で戦うことになります。体内で免疫機能が攻撃することで皮膚炎が起きたり赤みやかゆみとなって現れアトピーとなります。

そこで、アトピー性皮膚炎の肌にはセラミドを増やすために肌の水分量を増やすたりターンオーバーが正常に働いたりするようにケアをすることが重要です。そのために、保湿ケアが重要であるということが言われており化粧水での保湿やクリームでのケアが言われるのです。ただし、アトピーの状態の時というのは肌がいつもよりも刺激に弱い状態になっていることも多いですから医師の指導を受けながら適切な処置をすることが重要です。

1 2 3